最強のコンビふたたび 冒険王ビィト1-13

王道にして最高のドラクエ漫画である、ダイの大冒険。
私はとにかくこの漫画好きで、小さい頃から何度も読み、そして幾度も技を真似た。

駅のホームでスーツを着たサラーリーマンが傘でゴルフスイングをするように、
小学生の私は傘を逆手に持ってアバンストラッシュを放った。

それこそ放った数なら、あの、かめはめ波より多いと思う。

それぐらいダイの大冒険に出て来る技はインパクトがあり、かっこよかった。
ブラッティスクライド、天地魔闘の構え、獣王会心撃、フィンガーフレアボムズ、そしてメドローア……

残念ながらこの漫画にはそれがまだ無いように思う。
ダイの大冒険と同じコンビである三条陸&稲田浩司による冒険王ビィトは、
真似したくなる技がない。
今作はどちらかというと武器と戦い方にこっている部分が多い。

ドラクエを下敷きにした世界観である前作より、自由度が高い分
基本的な技や魔法といったファンタジー部分の世界観の強度が
まだ構築できていない。

ただ、少年漫画王道の熱さは、紛れもなく本物である。
人物のドラマはひと味ちがう捻りを加えながら、
最後は直球で心を熱くさせられる。

まだイマイチ低空飛行感があるのは否めないが
魅力的な悪役、登場人物が揃い、ストーリーの道筋が見え始めてきたので、
これから盛り上がって面白くなってくる予感を感じる。

これからに期待。2016/11/14

冒険王ビィト【期間限定無料】 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です